フィボナッチ取引の説明-フィボナッチレベルの描き方

指数、商品、通貨、株式を問わず、すべての市場が衝動と挫折によって動くことはよく知られています。アセットのタイトルに関係なく、トレンド構築に関してはすべて同じパターンを持っています。この振る舞いを考えると、時間の経過とともに価格変動によって提供される類似性を研究する必要があります.

修正と衝動またはセクションには、フィボナッチの背中と投影で区切ることができる順序に従う特定の歴史的な調和があります。これを理解するには、まずフィボナッチとは何か、そして誰がフィボナッチであり、取引の世界でどのように使用できるかを定義する必要があります。フィボナッチは、いわゆる「「、0と1で始まるシーケンスであり、これらから、各数値は前の2つの数値の合計の結果です。このようにして、それは人生のさまざまな分野に適用される特徴を備えた黄金のスパイラルを達成しました。銀河、花、海の波、人間の体の部分…そしてもちろん金融市場で.

取引では、これらの比率、特に61.8と38.2は、挫折と予測の両方で、支持と抵抗の領域を示します。これを行うには、すべての取引プラットフォームでフィボナッチを描画できる必要があり、常に終了トレンドで行います。開始は0、終了は100です。これら2つの値の間には、セットバック(38.2と61.8)があります。以下(強気か弱気かによる)拡張子.

パラメータの設定

フィボナッチを適用するには、いくつかの要素を念頭に置く必要があります。トレンドをうまく検出し、その後退と予測を追跡するという事実は、私たちに取引システムを提供しません。私たちは、市場に対して有利なオッズを与える統計に基づいて、工作員に規則を与えなければなりません。これらのルールをパターンと呼びます。まず、市場でフィボナッチを描く方法の実際的な例と、挫折と拡張が表すものを見てみましょう。市場はフラクタルであり、戦略の運用は、1分足チャートであろうと日足チャートであろうと、それが使用されるどのテンポラリティでも同じであることを忘れないでください。市場での割合は本当に驚異的です.

下降トレンドの場合、0は屋根に、100は床に配置されます。フィボナッチIがセットバック61.8と38.2を引くと、それぞれの修正が修正された2つのインパルスがあります。これらのレベルは、考慮しなければならない重要な領域です。どのプラットフォームでも、次の挫折が発生します:0.00%23.60%38.20%50.00%61.80%76.40%および100.00%。私が言ったように、これらのレベルは、入口と出口のポイントを離れることができるため、常に監視する必要がある非常に重要な運用ゾーンを表しています。.

いくつかの基本的な考慮事項について見ていきましょう。

– インパルスの回帰が38%以下の場合、それは強いと見なされ、新しい高値に達する可能性が高くなります。.

– インパルスが62%に戻った場合、それは弱いと見なされ、新しいインパルスはそうではありません

以前のピークを超える可能性があります.

– インパルスの62%を超える後退がある場合、トレンドまたは市場の変化について話します

振り向く.

エントリーガイドライン

フィボナッチの主なパラメータと側面を定義した後、私たちは私たちに提供する運用戦略を調査します。回帰38.2と61.8は、特に修正の終了を定義するために、取引において統計的に重要な領域であることを私たちは知っています。トレンドの市場の勢いを検出するとき、それが強気であるか弱気であるかは気にせず、波に乗る方法を考え始める必要があります。これを行うには、適切な入力タイミングを取得できるように修正が行われるのを待つ必要があります。しかし、修正はどこまで来ることができますか?これが永遠の質問です。フィボナッチは、修正の終わりと新しい衝動の始まりを見つけるのに役立ちます.

方法を見てみましょう: まず、挫折の間の合流点を探す必要があります:サポート、抵抗、ガイドライン。つまり、セットバック(61.8または38.2)がある価格レベルと前述の主要レベルが見つかります。回帰がキーレベルと一致する二重合流点、または回帰が2つのキーレベルと一致する三重合流点がある場合があります。これらの合流点は私たちに運用ゾーンを残します、明らかに、トリプル合流点はダブルスよりも大きな力を持ちます.

結論

– 最も効果的なフィボナッチの後退は38.2と61.8です.

– 戦略は常に適切な金銭的管理と組み合わせる必要があります.

– 合流点のレベルが高いほど、入力はうまく機能します.

– 市場はフラクタルであるため、戦略は一時的に機能する必要があります.

– 戦略はどの市場にも適用でき、価格は常に同じように動作します

(インパルス-補正-インパルス).